食事と運動がポイント!メタボリックシンドロームの対策とは?

メタボリックシンドロームは、
ぽっこりお腹とスタイルの問題だけではありません。

 

内臓脂肪が蓄積され、高血圧、糖尿病、
脂質異常などの複数のリスクがある状態であり、
放置すれば生活習慣病となり脳卒中や、
心臓病などの疾患を起こしやすくなります。

 

今後のご自身の健康を保つためには、
メタボに気がついた出来るだけ早い段階で、
正しい食生活と適度な運動習慣へと切り替えることが大切です。

 

簡単に注意できるポイントをお伝えします。

ぽっこりお腹にならない秘訣とは?摂取カロリーを減らすポイント

丼物ではご飯の量が多くなってしまいがちです。
炭水化物と塩分が多くなってしまうため、
単品料理より小鉢がある定食などの方が、
バランスが良いと言われています。

 

天丼よりは天ぷら定食の方が、
無理せずカロリーを抑えることができます。

 

またスナック菓子が好きで頻繁に食べてしまう方は、
お菓子のサイズを小袋にすることも、
簡単に出来るカロリーカットの方法です。

 

脂質の摂取量をどれだけ減らせるかが、
メタボ予防・改善には大切です。
小さなことでも継続していくと着実に、
無理なく健康的に体重を減らすことができます。

ぽっこりお腹にならない上手な間食の取り方とは?

お仕事などで帰宅が遅くなってしまったりすると、
昼ご飯を食べてから長時間空腹状態になってしまいますよね。

 

それから夕食を食べてしまうと、
ついつい夕食を食べ過ぎてしまいがちです。
この場合は夕方くらいにおにぎりなど夕食の際に、
食べる主食を先に間食として食べましょう。

 

そのあと帰宅してからおかずだけを食べ、
主食は食べないようにすると、
過剰な空腹感を抑えながら結果として、
摂取カロリーを抑制できます。

 

間食はお菓子では糖質と脂質が、
オーバーしやすいので注意してください。

 

また白米のみだけではなく押し麦や玄米・雑穀などは、
食物繊維が多いため脂質の吸収をマイルドにしてくれるので、
とてもオススメです。

ぽっこりお腹を解消する上手な運動のやり方とは?

効果的な運動はやはり、
ウォーキングなどの有酸素運動が有効です。
1回20~30分、週に3回くらいから行うことが、
オススメと言われていますが、
中々大変ですよね。

 

また日常生活の中でも通勤で一駅分多く歩いたり、
椅子やトイレに腰掛けるときは、
手を使わずに足の力だけで立ち座りをするようにする
だけでも活動量は増えていきます。

 

まずは自分のペースで、
できるところから運動量を増やすことが大切です。

運動が嫌い!継続できない方はパーフェクト4500が良い?

また継続することが大切なため運動が嫌いな人は、
電気刺激で筋肉を鍛えるパーフェクト4500を併用するのも、
カロリー消費と基礎代謝量のアップに有効です。

 

まとまった時間が取れない人も、
自宅でテレビを見ながらや家事をしながら、
簡単にエクササイズ効果が期待できます。

 

パーフェクト4500は干渉波という電気の種類で、
筋肉に刺激を送るので深部の筋肉まで刺激されるので、
ぽっこりお腹にもとても効果的です。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
パーフェクト4500の効果、口コミを見る

知っておきたいメタボの基準と改善エクササイズ

日本人の3大死因は、
がん・心疾患・脳血管疾患と言われています。

 

これらは偏った食生活や運動不足などによって生じる、
生活習慣病によって発症のリスクを高める危険性があります。

 

そのため生活習慣病になる可能性を、
早く発見するために提唱されたのが、
メタボリックシンドロームという概念です。

 

近年は健康診断でもウエストの周囲を測定するだけで、
評価できるので取り入れられています。
今回はあまり細かく知られていないメタボの基準と、
どうしたらそれが改善できるかをお伝えします。

ぽっこりお腹はメタボ?メタボの基準のおさらい

メタボの基準にウエストの周囲が男性85cm以上、
女性90cm以上が挙げられます。

 

これにBMIが25以上であり、
血糖値、血圧、脂質異常など血液検査で、
高値となった方が生活習慣指導の対象者となります。

 

ご自宅でもウエストを測るだけで、
メタボの目安の有無がわかるので、
非常にわかりやすいですよね。

 

これらの基準は内臓脂肪の蓄積の状態を見ています。
内臓脂肪が多い状態だと血液がドロドロになり、
血管の内側にドロドロの脂肪がへばりつき、
徐々に血管が狭くなり将来的に詰まってしまうと、
心筋梗塞や脳梗塞といった病気につながるというわけです。

メタボ健康診断にも問題点がある?

2008年からメタボが、
健康診断に取り入れられてきましたが、
徐々に問題点も浮かび上がってきました。

 

それはウエストの周囲が基準値以下でも、
内臓脂肪の蓄積が多い人が結構な数で、
存在することがわかってきました。

 

簡単に説明すると、
ウエストが細くても血液がドロドロで内臓脂肪の蓄積があり、
生活習慣病のリスクが高い人もいるということです。

 

そのため2018年から新たなメタボ健診の基準を、
作成・実施していくところです。

 

ウエストサイズが基準より大きかったら、
もちろん注意しなければなりませんが、
基準以下でも安心してはいけないということですね。

内臓脂肪を減らしメタボを解消する方法は?

根本的には食事内容の見直しと、
運動習慣を定着することが、
内臓脂肪の減少には有効です。

 

運動を継続的に行うことで、
血中の脂肪がエネルギーとして消費されるため、
内臓脂肪への蓄積を防止します。

 

有酸素運動・筋トレを実施しながら、
油っぽいものを極力控えることが一番の方法です。

 

しかし運動習慣がない人にとっては、
なかなかハードルが高いため、
電気刺激で筋肉を鍛えるEMSマシンである、
パーフェクト4500を使ってテレビを見ながら、
家事をしながらなど隙間時間を利用して、
体を鍛えていくことも有効です。

 

パーフェクト4500は、
2つの異なる周波数を用いることで干渉波を生み出し、
普通の電気刺激よりも深部の筋肉まで刺激をすることで、
ウエストサイズの減少に効果的な腹横筋の刺激も
行うことができるため非常に有効です。

 

お腹引き締めでメタボを撃退!簡単にお腹が引き締まる方法とは?

生活習慣病って怖いですよね?
普段自分が送っている生活で徐々に動脈硬化や高脂血症になり、
その結果心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる重大な病気を、
引き起こしてしまいます。

 

その前段階として知られるメタボリックシンドロームは、
通称メタボと呼ばれ、健康診断でも測定することになっています。

 

診断の基準で大切なのはウエストサイズが挙げられており、
男性では85cm以上、女性では90cm以上が目安になります。
簡単に言うとぽっこりお腹です。

 

ウエストサイズを測るのは、
内臓脂肪がどのくらいあるかを知るための指標と言われていますが、
お腹が出てると見た目にもあまり良くないですよね。

 

今回はメタボについての正しい知識と、
改善の方法をお伝えするので是非挑戦してみてください。

食事制限と有酸素運動?どうやったらメタボは解消するの?

メタボは内臓脂肪が増えることで様々な生活習慣病の原因になるため、
内臓脂肪を減らすことがまず考えなければなりません。

 

外食ばっかりで油分と糖分の多い食べ物であったり、
運動不足であればすぐさま内臓脂肪は蓄積されていきます。

 

そのためにはメタボ改善への近道は食生活と適度な運動習慣が大切です。
必ずこの二つを同時に実行していく必要があります。

 

また短期間での食事制限は元の食事に戻したらすぐリバウンドします。
有酸素運動で脂肪を消費するための運動量を毎日維持するのは、
日常生活の中では大変です。

 

しかし必ずこの二つを組み合わせて、
長期的に実施することが最も効果的です。

有酸素運動?無酸素運動?どんな種類の運動が効果的?

脂肪の減少にはは有酸素運動が効果的です。
ウォーキングやランニングなどが一般的に言われている有酸素運動ですが、
体重60kgの人が1時間歩いても190kcalほどしか消費しない為、
長期的に行うことが大切です。

 

また最初はウォーキングでもOKですが、
慣れてきたら早歩きやジョギングなど徐々に負荷を上げることでより、
消費カロリーを増やすことができスムーズに脂肪が減少していきます。

 

また筋力トレーニングなどの無酸素運動は、
脂肪燃焼には直接的には効果がないですが、
筋肉量が増えることでの基礎代謝量が増える為日常生活での、
消費カロリーが増加する為長期的により効果を引き出す作用があります。

 

ポイントは低負荷から初めて段階的に負荷を上げていくことが、
怪我の予防と運動の習慣化にはオススメです。
また筋肉量が増えると体重の変化以上に、
見た目にシェイプアップされたように映りますよ。

簡単!楽!時間もかけずにメタボを解消する方法はパーフェクト4500?

わかっていてもなかなか継続することが難しいですよね。
運動が生活習慣になれば一番良いですが、
うまくできない時もあると思います。

 

そんな時に運動をサポートする手段として、
知っていただきたいのが、
電気刺激による機械です。

 

パーフェクト4500はお腹への電気刺激を筋肉に与え、
筋力トレーニングの効果が期待できます。

 

特にパーフェクト4500は、
2つの異なる周波数の電気刺激を合わせることで干渉波を生じ、
普通の電気刺激より深部の筋肉に対して収縮させる効果があるため、
ウエストサイズを変えるために必要な腹横筋の収縮を高めることができ、
非常に有効です。

 

どうしても運動が出来ない時には家事をしながら、
テレビを見ながらなどながら運動を行いながら、
少しでも体を動かすことがメタボ撃退の一歩になります。