食事と運動がポイント!メタボリックシンドロームの対策とは?

メタボリックシンドロームは、
ぽっこりお腹とスタイルの問題だけではありません。

 

内臓脂肪が蓄積され、高血圧、糖尿病、
脂質異常などの複数のリスクがある状態であり、
放置すれば生活習慣病となり脳卒中や、
心臓病などの疾患を起こしやすくなります。

 

今後のご自身の健康を保つためには、
メタボに気がついた出来るだけ早い段階で、
正しい食生活と適度な運動習慣へと切り替えることが大切です。

 

簡単に注意できるポイントをお伝えします。

ぽっこりお腹にならない秘訣とは?摂取カロリーを減らすポイント

丼物ではご飯の量が多くなってしまいがちです。
炭水化物と塩分が多くなってしまうため、
単品料理より小鉢がある定食などの方が、
バランスが良いと言われています。

 

天丼よりは天ぷら定食の方が、
無理せずカロリーを抑えることができます。

 

またスナック菓子が好きで頻繁に食べてしまう方は、
お菓子のサイズを小袋にすることも、
簡単に出来るカロリーカットの方法です。

 

脂質の摂取量をどれだけ減らせるかが、
メタボ予防・改善には大切です。
小さなことでも継続していくと着実に、
無理なく健康的に体重を減らすことができます。

ぽっこりお腹にならない上手な間食の取り方とは?

お仕事などで帰宅が遅くなってしまったりすると、
昼ご飯を食べてから長時間空腹状態になってしまいますよね。

 

それから夕食を食べてしまうと、
ついつい夕食を食べ過ぎてしまいがちです。
この場合は夕方くらいにおにぎりなど夕食の際に、
食べる主食を先に間食として食べましょう。

 

そのあと帰宅してからおかずだけを食べ、
主食は食べないようにすると、
過剰な空腹感を抑えながら結果として、
摂取カロリーを抑制できます。

 

間食はお菓子では糖質と脂質が、
オーバーしやすいので注意してください。

 

また白米のみだけではなく押し麦や玄米・雑穀などは、
食物繊維が多いため脂質の吸収をマイルドにしてくれるので、
とてもオススメです。

ぽっこりお腹を解消する上手な運動のやり方とは?

効果的な運動はやはり、
ウォーキングなどの有酸素運動が有効です。
1回20~30分、週に3回くらいから行うことが、
オススメと言われていますが、
中々大変ですよね。

 

また日常生活の中でも通勤で一駅分多く歩いたり、
椅子やトイレに腰掛けるときは、
手を使わずに足の力だけで立ち座りをするようにする
だけでも活動量は増えていきます。

 

まずは自分のペースで、
できるところから運動量を増やすことが大切です。

運動が嫌い!継続できない方はパーフェクト4500が良い?

また継続することが大切なため運動が嫌いな人は、
電気刺激で筋肉を鍛えるパーフェクト4500を併用するのも、
カロリー消費と基礎代謝量のアップに有効です。

 

まとまった時間が取れない人も、
自宅でテレビを見ながらや家事をしながら、
簡単にエクササイズ効果が期待できます。

 

パーフェクト4500は干渉波という電気の種類で、
筋肉に刺激を送るので深部の筋肉まで刺激されるので、
ぽっこりお腹にもとても効果的です。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
パーフェクト4500の効果、口コミを見る

コメントを残す