筋トレ初心者必見!筋肉痛に対するマッサージとは?

筋力トレーニングを行うにあたり、
気を付けなければいけないポイントが、
怪我をしないということですよね。

 

重すぎる負荷や誤ったフォームで行うことで、
余計なストレスがかかり痛みになってしまいます。

 

特に初心者の段階では筋肉痛がおきやすいため、
筋肉痛の対処法を知っておかなければ、
重大な怪我の引き金になる可能性があります。

 

そのため初心者でも正しい知識を持つ必要があります。
筋肉痛に対して適切なケアの方法を身に付けましょう。

痛くて動けない!筋肉痛の正体とは?

筋肉痛とは、運動後しばらく時間が経過した後に、
出現する痛みを言います。
専門的には遅発性筋痛と言います。

 

運動による筋の収縮により、
細かな損傷が筋肉の中に出現します。
身体が傷つくとダメージを広げないように、
防衛反応として痛みが出現します。

 

これが筋肉痛の正体です。

 

つまり身体をこれ以上筋肉を、
傷つけないようにするために必要なんです。
また筋肉痛の特徴として高負荷の運動では、
運動直後にすぐ筋肉痛が出現し、
低負荷では痛みが出るのは遅くなります。

 

よく言われるのが年齢を重ねると、
筋肉痛が後からやってくると言われますが、
本当は年齢を重ねると高負荷の運動ができず、
低負荷の運動で頑張った気になり、
運動後2〜3日後に筋肉痛が出現するんです。

筋肉痛に対してのマッサージの注意点とは?

筋肉痛は炎症であるため自然治癒力により、
3〜7日間程度で治ります。
ただ一刻も早く治したい場合は、
大切な2つのポイントを覚えておきましょう。

 

一つ目は筋肉の炎症を早く抑えることです。
2つ目は炎症が収まった後に血液の流れをよくすることです。
この2点を正しい時期に行うことで、
早期に痛みの軽減が期待できます。

 

まず最初に、運動当日は徹底したアイシングを行い、
炎症を沈静化させます。
野球のピッチャーなら肩を、
サッカー選手なら膝などを練習や試合後に、
行なっています。

 

その後翌日より、
筋肉を軽くさする程度のマッサージを開始します。

 

指先で押すのではなく、
手のひら全体で優しく筋肉を包み、
筋肉の走行に対して垂直に動かします。
このようにすると柔軟性の改善にもなり効果的です。

 

筋肉痛には軽く揺らし、
優しく行うことが重要です。
痛みが出てしまうほど強くマッサージしてしまうと、
炎症がまたおきてしまう可能性があります。

筋肉痛を起きにくくするためにオススメなパーフェクト4500

筋肉痛が生じた後は超回復が起こり、
以前の筋肉より強くなります。
つまりエクササイズを継続していくことで、
同じ負荷では筋肉痛は出なくなってきます。

 

また運動後にたんぱく質を摂取することは、
消化吸収のタイミングとしてベストであり、
効率的に筋肉の合成が期待できます。

 

また低負荷で筋肉痛が起きにくいことを利用して、
電気刺激で筋トレを行うパーフェクト4500を、
日常生活で併用することも効果的です。

 

パーフェクト4500は、
2つの種類の周波数を利用することで干渉波を発生させ、
より深部の筋肉を刺激することができます。

 

そのため、軽い刺激でも奥まで筋肉の収縮が生じ、
効率的なトレーニングに繋がります。

コメントを残す