コアトレーニングと併用して効果的に筋肉をつける方法とは?

最近のトレーニング業界のトレンドとして、
コアトレーニングが長いこと続いていますね。

 

スポーツ選手から始まったこのトレンドは、
エクササイズのスタンダードとして定着してきたと思います。

 

様々な書籍やDVD、テレビでもコアトレーニングの方法が、
提案されているためどれから手をつけていいのかわからない方が、
ほとんどだと思います。

 

またコアトレを実践している方でも、
知らない間に間違った方法で行なっていることも多いため、
もう一回見直して見ましょう。

コアトレーニングで覚えておきたい注意点とは?

初心者の方はまず見た目の姿勢を、
真似してみるところから始まりますが、
それが注意しないとそれが失敗の落とし穴だったりします。

 

例えばコアトレーニングで一番有名なプランク。
見た目は簡単ですよね?

 

腕立て伏せの姿勢か肘をついた腕立て伏せの姿勢を、
キープするというコアトレーニングです。

 

しっかりとしたフォームは、
肩から踵までがまっすぐ一直線になった姿勢です。

 

運動習慣が無い人がやろうとすると、
どうしてもお尻が上がってしまったり、
腰を反ってしまったり間違ったフォームになりがちです。

コアトレーニングの落とし穴!?しっかり行って筋肉をつける!

特にプランクのようにたくさんの筋肉を使って、
姿勢を保持するような運動は全身運動になるので、
初心者の方にとってはハードルが高いんです。

 

無理して謝ったフォームを続けると、
腰にストレスがかかる可能性もあるため、
絶対に無理は禁物です。

 

そのためには段階的に負荷をかけ、
最初は低負荷から始めることを意識しましょう。

 

プランクではまず膝をついて行い、
低負荷で正しいフォームで行うことが大切です。
そして無理のない範囲で徐々に時間を、
延長していくことで筋力をつけていきます。

 

低負荷・高頻度は運動不足の方が行うエクササイズとしては、
とても大切なことです。

EMS効果も利用して、コアトレーニングと併用すると良い?

コアトレーニングの説明をしましたが、
実はオススメの裏技があります。

 

怪我をせず無理なく筋トレができる方法として、
最近は電気刺激で筋肉を刺激するEMSマシンが、
多く発売されています。

 

その中でも深部の筋肉へ刺激することに特化した、
パーフェクト4500を使い腹筋に刺激を与えて鍛えていくことが、
初心者の段階では効果的かもしれません。

 

パーフェクト4500は他の電気刺激に比べ、
2つの異なる周波数を使用し、
干渉波で筋肉を刺激することが特徴であるため、
体幹の奥の筋肉まで刺激することが可能となっています。

 

電気刺激で効果的に筋肉を収縮させるため、
フォームを気にすることなくでき、
筋肉の収縮が自身でも感じられるため、
コアトレーニングの時に筋肉の存在を、
意識しやすくなる効果もあります。

コメントを残す