EMS機器の特徴を比較!ボニック・ボディカル・パーフェクト4500

理想のプロポーションを手に入れるためには、
しっかりとトレーニングを行い、
きっちり管理された食生活に切り替えることが、
最短の近道であることには間違いようがありません。

 

しかし現実はそうはいきません。
仕事のストレスや職場の付き合いで、
食生活は思うようにいかないですし、
運動が大切であることが分かっていても、
そんな時間も体力も残っていない人が殆どです。

 

今回は忙しいそんな方に、
是非利用していただきたいEMS機器を紹介します。
EMSとはelectric muscle stimulationといい、
電気刺激を用いて筋肉に刺激を与え、
筋力向上を目指す機械です。

 

元々はアスリートの早期復帰を目的に、
リハビリの分野で使われることが多い機械でした。
しかし最近ではその効果から、
一般向けにたくさんの機種が発売されています。

 

今回は3つの機種の特徴を、
まとめて比較して見たいと思います。

EMS機器その1 ボニックの特徴と効果とは?

ボニックはrf(温熱)+キャビテーション(超音波)+ems
といった3つも機能がついたemsマシンです。

 

温熱効果には脂肪燃焼や筋力増強効果はありませんが、
心地よさがあります。
また超音波を発するようなので、
組織レベルでの新陳代謝の活性化が期待できると思います。

 

それにEMSによる筋力トレーニングを
組み合わせたマシンとなっています。

 

しっかり筋力をつけるという目的から考えると、
美容+リラクゼーション効果に、
特化したマシンであると思われます。

EMS機器その2 ボディカルの特徴と効果とは?

4つのローラーがついたEMSマシンがボディカルです。
ローラーでマッサージをしながら電気刺激を与え、
部分痩せ効果を期待するものです。

 

ローラーによるマッサージ効果は、
筋力増強には影響はしないと思いますが、
リラクゼーション効果は期待できると思います。

 

筋力増強効果を見ると、
ボディカルのサイズも小さいため、
広範囲への筋収縮は十分行えない点がデメリットです。

EMS機器その3 パーフェクト4500の特徴と効果とは?

次は干渉波を利用したEMSマシンとして、
とても評判の良いパーフェクト4500です。

 

干渉波は医療機器でも用いられている電気刺激の種類の一つで、
2つの異なる周波数を組み合わせて刺激することで、
普通の電気刺激より深部の筋肉に対して、
効果的に刺激を与えることができます。

 

一般的な電気刺激では、
表面の筋肉から収縮するので、
深部の筋肉への刺激が不十分になることが多く、
その点パーフェクト4500は、
今までのEMSマシンの弱点を克服した、
EMSマシンとなっているのでとてもオススメです。

 

体を鍛えてメリハリのある筋肉を手に入れたいと思う方は、
パーフェクト4500を利用するのがオススメです。

コメントを残す