ぽっこりお腹解消なら必見くびれるエクササイズ!

女性にとって体型の問題は永遠のテーマですよね?

 

気になる部分で多いのは二の腕や脚、
そして特にお腹が多いと思います。

 

体型は服装などでもカバーすることができますが、
体型のために着たい服が着れないのは、
ちょっと嫌ですよね?

 

今回は悩みの多いぽっこりお腹を解説しながら、
ぽっこりお腹を簡単に解消する効果的なエクササイズと
日常生活に気をつけるべきアドバイスもお伝えします。

 

是非悩みを解消しましょう!

ぽっこりお腹になってしまう原因とは?

ぽっこりお腹の原因としてみなさんが考えるのは、
お腹の脂肪のことだと思います。
確かに体脂肪はお腹の周りに蓄積されやすいので、
体脂肪率を落とすことも大切です。

 

しかしそれよりも最初に見直すことがあります。

 

それは内臓の位置を適切に収めるだけの
筋力があるかどうかです。
お腹にはたくさんの内臓が収められていますが、
腹筋群の活動が弱くなると徐々に内臓の位置が
下がってきてしまいます。

 

これにより下腹部だけがポコっと出て
見えることが多いんです。

 

特に仕事中デスクワークが多かったり、
同一姿勢を保持するような仕事環境の方は、
お腹の筋肉も弱くなりやすいです。

 

また腹筋が弱くなると便秘気味にもなりやすい
と言われているので心当たりがある方は、
以下の運動をやってみましょう。

ぽっこりお腹を治すための腹筋のエクササイズ

腹筋運動をイメージしていただくと、
多くの方は上体起こしのような運動を、
イメージするとお思います。

 

しかしその運動では、
ぽっこりお腹に効果的な腹筋の働きは、
十分とは言えません。

 

ぽっこりお腹に効果的な運動は、
ドローインと呼ばれる運動で、
深呼吸に似てる動作が必要です。

 

仰向けに寝て、膝を曲げ大きく息を吸った後、
最大まで息を吐きます。
30回を1セットとして、
1日5〜6セット行うことで、
効果が出てくることが多いです。

 

息を吐くときに、
猫背にならないように注意しましょう。

 

また寝た状態での運動が慣れてきたら、
座っている時も背すじを伸ばしなら
お腹を凹ますように意識することでも
腹横筋の活動が増え内臓を正しい場所に戻し、
ぽっこりお腹が解消されるという仕組みです。

筋トレは筋肉痛になるから嫌!オススメのパーフェクト4500

ドローインは一般的にイメージされる
筋トレと比べてもかなり低負荷です。
そのため筋肉痛になったり、
怪我をする可能性は低いと思います。

 

しかし低負荷のエクササイズである分、
回数と頻度をしっかりと行わなければなりません。
もしエクササイズを続けるのが大変、
なかなか時間がなくてサボりがちになっちゃう
という方もいると思います。

 

そんな方なら電気刺激で筋収縮を促す、
パーフェクト4500を家事や、
ちょっとした隙間の時間に、
利用して頂くのも有効な方法です。

 

パーフェクト4500の特徴である、
干渉波による深い位置にある筋肉への刺激効果は、
エクササイズにとても有効です。

 

エクササイズかパーフェクト4500を、
是非お試しください。

 

コメントを残す